FC2ブログ
2020/02/27

アカハラ

本日(2月27日)夕方 庭にアカハラ(ツグミ科 全長23.5cm)が久し振りにやって来ました。元気な様子です。

2020_02_27_9999_24アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_96アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_6アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_54アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_58アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_62アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_49アカハラ 庭-1
2020_02_27_9999_41アカハラ 庭 -1

2020/02/25

シジュウカラ、ヤマガラ

先に 2月5日にシジュウカラ(シジュウカラ科 全長14~15cm)が庭の巣箱を点検にやって来たと投稿しました。シジュウカラはその後も何回か 巣箱を覗きに来ていますが 今年初めて ヤマガラ(シジュウカラ科 全長14~15cm)が巣箱に興味を示しました。
ヤマガラが巣箱を利用してくれると嬉しいのですがどうでしょうか。
シジュウカラ 2月8日 : 写真1,2
ヤマガラ   2月14日 : 写真3~8

2020_02_08_9999_6シジュウカラ 庭-1
2020_02_08_9999_7シジュウカラ 庭-1
2020_02_14_9999_86ヤマガラ 庭-1
2020_02_14_9999_127ヤマガラ 庭-1
2020_02_14_9999_111ヤマガラ 庭-1
2020_02_14_9999_137ヤマガラ 庭-1
2020_02_14_9999_106ヤマガラ 庭-1
2020_02_14_9999_114ヤマガラ 庭-1


2020/02/22

オシドリ、シロハラ、ルリタテハ

2月18日 千葉市の自然公園ではオシドリ(カモ科 全長41~47cm)とシロハラ(ツグミ科 全長24~25cm)も観察しました。
又、昆虫ではルリタテハが陽気に誘われて飛び出して来ました。

2020_02_18_9999_30オシドリ♂♀ 泉-1
2020_02_18_9999_36オシドリ 泉-1
2020_02_18_9999_19オシドリ♂ 泉-1
2020_02_18_9999_20オシドリ♂ 泉-1
2020_02_18_9999_29オシドリ♂♀ 泉-1
2020_02_18_9999_32オシドリ♂♀ 泉-1
2020_02_18_9999_5シロハラ 泉-1
2020_02_18_9999_16ルリタテハ 泉-1



2020/02/21

ウソ

2月18日 学生時代からの友人 二人を千葉市の自然公園に案内しました。園内で偶々 お会いした鳥友Kさんから スマホで情報を頂き、ウソ(アトリ科 全長15.5cm)雌雄をゆっくり 観察することができました。5,6羽いたようです。Kさんに感謝です。
ウソ♂ : 写真1~6
ウソ♀ : 写真7,8

2020_02_18_9999_176ウソ♂ 泉-1
2020_02_18_9999_192ウソ♂ 泉-1-1
2020_02_18_9999_62ウソ♂ 泉-1-1
2020_02_18_9999_57ウソ♂ 泉-1-1
2020_02_18_9999_58ウソ♂ 泉-1-1
2020_02_18_9999_55ウソ♂ 泉-1-1
2020_02_18_9999_123ウソ♀ 泉-1
2020_02_18_9999_113ウソ♀ 泉-1


2020/02/20

シジュウカラ(2)

前回投稿の続きです。
シジュウカラの雛が無事 巣立った後 次回の産卵に備え 巣箱の中の巣を取り出します。
これまでに回収した巣(5個)の写真です。殆どの巣は苔(コケ)を敷き詰め その上に犬の抜け毛等の獣毛で卵を産むための産座を作っています。一例だけ苔の代わりにシュロ?の繊維を利用している巣がありました(写真6)。

巣材の運搬と巣作りは雌の担当で 雌が巣材を巣箱に運んで来る時は必ず雄が付き添って見守っています。シジュウカラは1年に2回 産卵しますので 1回目の巣立ちを確認したら巣箱の中をきれいにします。

DSCN3644シジュウカラ巣0-1
DSCN3634シジュウカラ巣1-1
DSCN3636シジュウカラ巣2-1
DSCN3639シジュウカラ巣4-1
DSCN3640シジュウカラ巣3-1
DSCN3638シジュウカラ巣5-1